進学や就職などの新生活を期に、東京へ上京したいと考えている方は多いのではないでしょうか。上京が決まってから一番悩むのは、おそらく引越し先の部屋探しでしょう。メゾネットタイプ、女性専用の物件、シェアハウスやルームシェアといった形態の異なる物件があるので、金銭面を含めてどれが自分に合うのかをよく考えてみる必要があります。当サイトでは、シェアハウスやルームシェアといった物件形態について紹介しています。

一つの建物を複数人で共有するシェアハウスは、自分専用の個室が割り当てられる一方、リビング、キッチン、バス、トイレなどは共用になっています。金銭面で考えてみると、月々にかかる家賃や光熱費を抑えられるという特長があります。他にもシェアハウスでは、家具や家電が揃っているところも多いため、初期費用も抑えられるというメリットがあります。自分の身とトランク一つで入居できるので、入居するときも退去するときも、大型の荷物を整理する必要はほとんどないでしょう。

デメリットを言えば、一人の時間がなかなか確保しにくい、シャワー時間がかぶってしまうことがある、相性の悪い人がいるかもしれないことなどが挙げられます。しかし逆をいうと、一人ではないので寂しさを感じることが少なくなり、人との交流が好きな人には向いているといえます。シェアハウスには、イベントなどを通して入居者同士の交流を活発におこなっているところがあります。