上京する目的が出張や研修などの短期間なら、マンスリーマンションでのルームシェアという方法もあります。ツインを選べば二人で入居することができますし、一人よりも二人で借りたほうが家賃や光熱費の負担が軽くなるでしょう。マンスリーマンションだと、家具や家電が備え付けられているところが多いので、新たに購入する負担を減らすことができます。

上京する際の部屋探しでは、生活環境と月々にかかる費用が選ぶポイントになります。当然、ルームシェア物件だけではなく、普通の賃貸物件であろうとシェアハウスであろうと、学校や職場へ行きやすい部屋を借りるほうが便利です。学校や職場へ行く時に利用する公共交通機関は必ずチェックしておきましょう。それから、コンビニ、スーパー、郵便局、銀行、病院など日常生活を送る上で必要なスポットは、近場にあると利便性が増すので、部屋探しの上で考慮したいところです。家賃は基本的に毎月払うものですから、あまり無理をせず自分の懐に見合う金額が良いでしょう。金銭上でのそれぞれの負担分は、同居人とよく相談をして決めておきましょう。

今の時代、インターネットで部屋探しをする方が多いですが、インターネットで見たのと、実際に見たのとでは建物や部屋の雰囲気が違うこともあります。本当に自分に合うかどうかの判断は、実際に物件をいくつか見てから決めた方が無難でしょう。