Category: 未分類

部屋探しのポイント

上京する目的が出張や研修などの短期間なら、マンスリーマンションでのルームシェアという方法もあります。ツインを選べば二人で入居することができますし、一人よりも二人で借りたほうが家賃や光熱費の負担が軽くなるでしょう。マンスリーマンションだと、家具や家電が備え付けられているところが多いので、新たに購入する負担を減らすことができます。

上京する際の部屋探しでは、生活環境と月々にかかる費用が選ぶポイントになります。当然、ルームシェア物件だけではなく、普通の賃貸物件であろうとシェアハウスであろうと、学校や職場へ行きやすい部屋を借りるほうが便利です。学校や職場へ行く時に利用する公共交通機関は必ずチェックしておきましょう。それから、コンビニ、スーパー、郵便局、銀行、病院など日常生活を送る上で必要なスポットは、近場にあると利便性が増すので、部屋探しの上で考慮したいところです。家賃は基本的に毎月払うものですから、あまり無理をせず自分の懐に見合う金額が良いでしょう。金銭上でのそれぞれの負担分は、同居人とよく相談をして決めておきましょう。

今の時代、インターネットで部屋探しをする方が多いですが、インターネットで見たのと、実際に見たのとでは建物や部屋の雰囲気が違うこともあります。本当に自分に合うかどうかの判断は、実際に物件をいくつか見てから決めた方が無難でしょう。


ルームシェアについて

シェアハウスと似た居住スタイルに、ルームシェアがあります。複数人で生活していくところは同じなのですが、シェアハウスが家を共有していくのに対し、ルームシェアは部屋を共有していきます。そのため、ルームシェアは同居人との距離感がより近くなります。複数人で借りるため、生活していく上での取り決め、家賃や光熱費、貴重品の管理など日常生活や金銭に関するルールを事前に決めておく必要があります。ルームシェアを利用する人には、兄弟、姉妹、友人、会社の同僚など親しい間柄での入居が多いようです。

ルームシェアを考えているなら、ルームシェア可の賃貸物件を探す必要があります。ルームシェアでは、敷金や礼金といった物件を借りるための費用や、家具や家電にかかる費用などを同居する者同士で用意する必要があります。初期費用を少しでも抑えたいなら、家具・家電付きの賃貸物件を選択するのも一つの手です。どんなものが設置されているかというと、家具ならばベッド、机、椅子、ソファ、収納、テレビボード、カーテンなどで、家電であれば冷蔵庫、エアコン、洗濯機、電子レンジ、テレビなどで、だいたい日常生活で必要な最低限の家具・家電は備え付けられています。設置されている家具や家電についても、事前に確認しておく必要があるでしょう。


部屋探しでシェアハウスを選ぶ

進学や就職などの新生活を期に、東京へ上京したいと考えている方は多いのではないでしょうか。上京が決まってから一番悩むのは、おそらく引越し先の部屋探しでしょう。メゾネットタイプ、女性専用の物件、シェアハウスやルームシェアといった形態の異なる物件があるので、金銭面を含めてどれが自分に合うのかをよく考えてみる必要があります。当サイトでは、シェアハウスやルームシェアといった物件形態について紹介しています。

一つの建物を複数人で共有するシェアハウスは、自分専用の個室が割り当てられる一方、リビング、キッチン、バス、トイレなどは共用になっています。金銭面で考えてみると、月々にかかる家賃や光熱費を抑えられるという特長があります。他にもシェアハウスでは、家具や家電が揃っているところも多いため、初期費用も抑えられるというメリットがあります。自分の身とトランク一つで入居できるので、入居するときも退去するときも、大型の荷物を整理する必要はほとんどないでしょう。

デメリットを言えば、一人の時間がなかなか確保しにくい、シャワー時間がかぶってしまうことがある、相性の悪い人がいるかもしれないことなどが挙げられます。しかし逆をいうと、一人ではないので寂しさを感じることが少なくなり、人との交流が好きな人には向いているといえます。シェアハウスには、イベントなどを通して入居者同士の交流を活発におこなっているところがあります。